logo

ロバート エガース

監督「ロバート・エガース(ロバートエガース,Robert Eggers,Robert Eggers)」が携わった映画1作品を紹介。「ウィッチ(年7月22日(土))」の監督、脚本。. 19 ロバート エガース 点 / 評価:415件. (C) Witch Movie,LLC. プロダクションデザイナー、映画監督、脚本家等で活躍するロバート・エガースが影響を受けた映画・好きな映画。 「 タイムアウト (time out)」 の 「ホラー映画ベスト100(The 100 best ロバート エガース horror films: contributors)」 より10本. 監督・脚本は、本作でサンダンス映画祭監督賞を受賞した新鋭ロバート・エガース。 音楽を「CUBE」のマーク・コーヴェンが務める。 共演は「トゥルーナイト」のラルフ・アイネソン、「プロメテウス」のケイト・ディッキー。.

ウィッチ - アニヤ・テイラー=ジョイ - ロバート・エガース - dvdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. エガースが最初に提案したアイデアは、パティンソンにとっては奇妙さ加減が物足りなかった。そこでエガースは別の脚本を彼に届けた。それが『The Lighthouse』だ。彼はじっくりと役の準備をしていった。. ロバート・ニール・エガース(Robert Neil Eggers, 1983年 7月7日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、プロダクションデザイナーである。. 監督 ロバート・エガース. 本作の軸となっている話は三つ、ギリシャ神話の海神プロテウス、プロメテウス、『シーシュポスの神話』と考えられます。 フジツボをつけた異形の姿に変身している奇妙なシークエンス、海を畏れ敬うと共に先を見通している節があるウェイクのキャラクターはプロテウスは予言と変身の術に長けた海の老神と重ねられます。 『シーシュポスの神話』は神に刑罰を与えられ山の頂上まで岩を運び上げるという刑罰を永遠に受け続けることになったシーシュポスの物語。彼が頂上までたどり着くと岩は山のふもとまでまた転がり落ちてゆく、そんな無意味な苦行をシーシュポスはずっと続けることになるのです。 アルベール・カミュは彼の随筆の中で人生もシーシュポスの道のりと同じく無意味で苦しいものだけれども、岩を持ち上げ運ぶことに情熱や楽しさを抱くこともできると書き不条理な世にある生のあり方を説きました。 ウェイクに言いつけられ灯りのはるか下で重労働をし、重いドラム缶を階段の上まで運ぶウィンスロウの姿はシーシュポスであり人間そのもの。 そして人間たちに火を渡すことを拒んだ全能の神ゼウスからこっそり火を盗み出そうとし、怒りを買ってオオワシに内臓. 監督:ロバート・エガース いくつかの短編で美術、美術監督、監督を務め、今回が長編デビュー作となる。サンダンス映画祭でいきなり監督賞を受賞、その他にも多くの新人監督賞、初監督作品賞、最優秀作品賞を受賞。.

1630年。アメリカ、ニューイングランド。信仰に熱心な余り、教会に異議申し立てを続けた一家は追放を言い渡されます。長女のトマシンは戸惑うものの、父親のウイリアムは望むところだと応え、一家は馬車に家財を積み、入植地を出ていきました。 森の近くの荒れ地に住まいを見つけた一家は大地にひざまずき、熱心に祈りを捧げます。夫婦は満足そうに微笑み合いました。 「私は罪を犯しました。仕事をさぼり、両親にそむき. See full list on cinemarche. 監督を務めるロバート・エガースは、17世紀を舞台に“魔女”を描いたホラー『ウィッチ』で注目され、ロバート・パティンソン&ウィレム・デフォー主演の最新作『The Lighthouse(原題)』がカンヌ国際映画祭で上映された映画界屈指の注目株。. All Right Reserved.

監督:ロバート・エガース 音楽:マーク・コーヴェン 主演:ウィレム・デフォー、ロバート・パティンソン、ヴァレリーア・カーラマン 年 アメリカ映画 「ウィッチ」で注目されたロバート・エガース監督によるサスペンス・ホラー。. 監督のロバート・エガースは当作品で、サンダンス映画祭監督賞を受賞。 その圧倒的な才能が認められ、今や新鋭監督として最も期待される存在. ウィッチの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「魔女」をテーマに、赤子をさらわれた家族が次第に狂気の淵へと転落して. ロバート・エガース監督による15世紀の魔女伝説を舞台とした前作『ウィッチ』はホラー映画と言い切れない不思議な映画でしたが、今回の19世紀の灯台を舞台とする"The Lighthouse"は更にカテゴリーしにくい映画です。.

Robert Neil Eggers (born J) is an American film director, screenwriter and production designer. ロバート・エガース の記事一覧 - シネフィルは、日本やアジアはもちろん世界の映画シーンを取り上げる、映画好きによる映画好きのためのWebマガジンです。. (C) A24 Films 荒れ狂う海を進む一隻のボート、岩でできた小島にそびえ立つ灯台を見つめる男二人の後ろ姿で映画は始まります。 老いた男と若い男、二人は4週間の間の新しい灯台守として島に派遣されてきました。 老いた男はベテランらしく海や灯台守のうんちくめいたこと、願掛けなどを夕食時に語りますが若い男は耳を貸しません。 老いた男はいつも酒を飲んでおり、自分だけが灯台最上部の灯りの場に近づき若い男にはそれを許しません。 “ラッド(若者)”と呼ばれる若い男は思いドラム缶を運ぶために螺旋階段を上ったり石炭を運んだり、雑用を含む重労働を老いた男にさせられます。 合間に若い男はベッドのシーツの中に人魚の彫り物を見つけ、それを握りしめながら自慰をします。 夜な夜な老いた男は灯りの場所へ向かっており、恍惚とも言える悩ましい表情を浮かべている様が映し出されます。 一方若い男は威嚇してくるカモメに奮闘、また人魚に海に引きずり込まれる悪夢に悩まされていました。ある日老いた男は若い男に灯台を白いペンキで塗るように命じます。 ロープで吊られ作業していた若い男ですが落下してしまいました。 その日若い男は老いた男と共に酒をのみ、自分の名前はエフレイム・ウィンスロウだと明かします。 老いた男も自分の灯台守としての過去を語ります。 そしてまたある日、ウィンスロウが水道をひねるとどす黒い液体が流れ出しました。カモメの死体が水槽に落ちていたのです。 そこにまたカモメが彼を威嚇しにやってきて、ウィンスロウは岩に打ちつけて殺します。すると風向きが不安定になり始めました。 陸に戻る予定の二人でしたが嵐のため迎えの船はやってこず、この灯台に立ち往生することになります。 二人は埋めてある予備の酒瓶を掘り起こしひたすら酔っ払います。 老いた男は自分の名をトーマス・ウェイクだと明かします。ウィンスロウは「俺の友人のトムに」と言い、二人は乾杯しました。. ?! それから何日かが過ぎたある朝、トマシンの弟、ケイレブは目覚めて窓を開けました。側にはトマシンが眠っています。ケイレブは彼女の白い胸元に目を奪われていました。 別の部屋では母親のキャサリンが哀しみに暮れ、ずっと祈りの言葉を呟いていました。 靴を履き、外に出ると父が背中を向けて座っているのが見えました。皆を起こしてこようかというケイレブの言葉に首をふり、父は言いました。「サムの捜索はやめよう」。 まだ何日かしか立っていないのに諦めてしまうのという息子の問いに、狼にやられていなくても生きてはいまいと父は呟きました。そして、ケイレブに一緒に森に行こうと声をかけました。 「子どもは森に入ってはいけないのでは?」 父は一家を支えるために助けになってくれと息子に言うのでした。とうもろこしもうまく実ってくれません。「かなり前に森の中に罠を仕掛けたんだ。冬になる前に蓄えがいる」。 道中、父は息子に「お前が持っている罪とは?」「心の堕落とは?」と問いかけ、息子は見事に応えてみせました。 罠には何もかかっていませんでした。. 監督のロバート・エガースという、こちらも新鋭の天才と一緒に仕事できたことも完璧なめぐり合わせでした。 ロバート エガース この『ウィッチ』は 私もオカルト映画の中ではトップ10に入れたくなるくらいに大好きな一作 です。. ウィッチ ().

17 世紀アメリカ、ニューイングランドの入植地から追放された一家が、痩せた土地で暮らしていると、長女トマシンが生まれたばかりの弟を見失ってしまう。父親は狼がつれていったのだと諭すが、小さな双子の子供たちはそれ. 7月22日に公開される映画『ウィッチ』より、ロバート・エガース監督のコメント入り動画が公開された。 本作は、第31回サンダンス映画祭で監督. ニューイングランドは、アメリカ合衆国の中で最も古い歴史を持つ地域の一つで、1962年に始まる「セイラム魔女裁判」で知られている場所でもあります。 降霊会に参加していた少女たちが異常な行動をし出した事件を発端に、立場の弱い女性が悪魔と契約したと告発され、裁判を受け、処刑されました。最終的には村の住人の100名以上が告発され、19名が処刑、及び餓死をしたと言われています。 監督のロバート・エガースもニューイングランド出身で、幼い頃は常にニューイングランドの過去が意識下にあったと述べています。幼い頃に見た最も初期の悪夢は魔女に関するものだったとも。また彼の家の背後にそびえる森が常にその過去を想像させたとも語っています。 本作は「セイラム魔女裁判」よりも前の1630年という時代設定になっています。エガースは17世紀のインテリアや衣服、住居、そして魔女に関する文献などを徹底的に調べ、企画から5年がかりで作品を完成させました。 照明も蝋燭を使い、高感度のカメラを使わず、夜の暗さをそのまま画面に焼き付けています。 赤ん坊がいなくなったあとに、魔女らしきものが、暗さの中にちらちらと姿を見せますが、はっきりと見えず、何をしているのかよくわからないことが逆に怖さを倍増させています。 入植地を追放されたとはいえ、堅い絆で結ばれていたはずの家族が、疑心暗鬼にとらわれていく描写は圧巻の一言です! ある事件をきっかけにまさにドミノ倒しのように、一家は崩壊していきます。 幸せな毎日であれば、多少の不安や不満があったとしても意識下に追いやることは可能ですが、一つ、何かが崩れると、次第にそれらが大きな塊となり、ついには爆発するというのは、現代に生きる私たちにも十分起こりうる怖さではないでしょうか。 長女トマシンに扮したアニヤ・テイラー=ジョイは、無垢な少女として登場しますが、その肉体は次第に大人にむかっており、年頃の弟を無意識のうちに惑わせます(それゆえに彼は罪悪感を募らせていきます)。 処女性と悪魔性を内包したキャラクターを見事に演じていて、非常に強いインパクトを放っています。 ナイト・シャマラン監督がこの作品の彼女を見て、『スプリット』に抜擢したとのことですが、それも納得の存在感です。 さらに注目したい. the witch/the vvitch: a new-england folktale. 深い暗闇がはびこる森を舞台にした『ウィッチ』から一転『The Lighthouse』の舞台は荒れ狂う海にそびえ立つ灯台。 ロバート・エガースの創造性に満ちた本作のベースとなった物語は1801年、ウェールズ南西部のペンブルックシャーにあるスモールズ灯台で起こった実際の事件。 トーマス・ハウエルとトーマス・グリフィスという2人の男が灯台守として派遣されたのですが、グリフィスが途中で病にかかってしまいました。 しかしそこに嵐が到来し、残されたハウエルはグリフィスの腐敗死体と灯台で数ヶ月も過ごさなければならなかったそうです。 また人間の感情に起因する恐怖ではなく絶対的、宇宙的な恐怖や不安を描いた『クトゥルフ神話』の作者ハワード・フィリップス・ラヴクラフトや『アッシャー家の崩壊』『落とし穴と振り子』など閉鎖的な空間と呼応し精神を病む人々、生き埋めなどのテーマを繰り返し描くエドガー・アラン・ポーや『白鯨』のハーマン・メルヴィル、近代イギリス怪奇小説の三巨匠のひとりアルジャーノン・ブラックウッドなどの影響がみられます。 ロバート エガース 真っ暗な螺旋階段を下に転がり落ちていくような恐ろしさ、この緊迫した瞬間に永. More ロバート エガース videos.

みたいムービー 143; みたログ 522; 3. 『ウィッチ』()『The Lighthouse(原題)』の鬼才、ロバート・エガース監督が次に手掛ける新作映画『The Northman(原題)』は、自身にとって初めての大作になるようだ。20世紀スタジオが配給を務める本作で、エガースはかつてない作り方にも挑戦して. 第72回カンヌ国際映画祭で上映された作品の中でも際立って高い評価を受けており、批評家から絶賛を浴びた『The Lighthouse』の公開に向けた新海外予告がUPされました。 監督は「ウィッチ」でサンダンス映画祭監督賞などで絶賛されデビューを飾ったロバート・エガース監督。 19世紀後半の隔絶. 「ロバート・エガース」に関する記事一覧です。「ロバート・エガース」について知りたいことや今話題の記事が見つかり.

ロバート・エガース の記事一覧 - オーディオ、AV、ホームシアターの専門雑誌を扱うステレオサウンド社が運営する、 オーディオ・ビジュアルのポータルサイト。最新ニュース、製品レビュー、ベストバイ、 グランプリなどに加え、人気の評論家による各種コラムや連載などオーディオ. アニヤ・テイラー=ジョイ, ラルフ・アイネソン, ケイト・ディッキー, ハービー・スクリムショウ, エリー・グレーンジャー, ルーカス・ドーソン, ロバート・エガース 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。. そう語るロバート・エガース監督による年作モノクロ映画『The Lighthouse(原題)』において、狂気に蝕まれる孤島の灯台守を演じて高評価を得たロバート。. 」トマシンは神に祈っていました。「罰としてみじめで過酷な人生を送るべきですがイエスの名においてお許しを」。 ある日、トマシンは赤ん坊のサムを連れて森の入り口近くにやってきました。いないいないばぁをしてサムをあやすと、サムは大喜びして笑います。しかし、三度目のいないいないばぁのあと、目の前からこつ然とサムが消えてしまいました! 「サム!」大声をあげて森の入り口近くまで走っていくトマシン。 ロバート エガース 森の奥深くでしょうか?! 裸の赤ん坊をさわる獣のような手。別の手には刃物が握られているのが見えます。半裸の女が何やら蠢いている姿があり、肌は血にまみれているように見えます。この女性は一体何者なのか. 『ウィッチ』の ロバート・エガース 監督がモノクロで二人の灯台守(ウィレム・. 年10月29日掲載 『ウィッチ』監督の新作ホラー!. 終盤、悪魔と契約したトマシンの体が浮かんでいくシーンがあります。彼女は一度笑ったように見えますが、そのあとは松明のせいで顔の部分が影になり、表情がまったく見えません。 最早、別世界に行ってしまった彼女の心を読もうなど無駄な行為だ、と拒否されているかのようです。 ラストシーンの衝撃も忘れがたいものです。誰があのようなシーンを予期したでしょうか。 ところで、筆者はトマシンが悪魔と契約して、森の奥に導かれていくシーンをみて、一本の日本映画を思いだしていました。 それは塩田明彦監督、宮﨑あおい主演の『害虫』(’02)です。ラスト、待っていた男が現れず、声をかけてきた見知らぬ男について行くことを選んだ少女が向かう先は地獄かそれとも.

ロバート・エガースの長編初監督作品で、出演はアニャ・テイラー=ジョイとラルフ・アイネソンなど。 17世紀 の ニューイングランド を舞台に 魔女 への恐怖によって崩壊していく敬虔なキリスト教徒の家族を描いている。. エガースは、低予算映画ながらサンダンスをはじめ各地の映画祭で話題となったホラー映画『ウィッチ』の監督。20世紀初頭のメーン州を舞台に. He is best known for his acclaimed horror films The Witch () and The Lighthouse (). More ロバート エガース images. (C) A24 ロバート エガース Films 【公開】 年 アメリカ映画 【原題】 The Lighthouse 【監督】 ロバート・エガース 【キャスト】 ロバート・パティンソン、ウィレム・デフォー 【作品概要】 監督を務めたのはロバート・エガース、脚本は彼の兄であるマックス・エガースと共に執筆されました。 若い灯台守エフレイム・ウィンスロウを演じるのは「トワイライト」シリーズでブレイクし、デヴィッド・クローネンバーグ監督の『マップ・トゥ・ザ・マスターズ』()やクレール・ドニ監督の『ハイ・ライフ』()とアート系映画にも出演、また次期バットマン役が決定したロバート・パティンソン。 老人の灯台守トーマス・ウェイクを演じるのは「スパイダーマン」シリーズのグリーン・ゴブリン役でおなじみ、近年では『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』()でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、また全米映画批評家協会賞助演男優賞受賞始め数々の賞を受賞、『永遠の門 ゴッホの見た未来』()でアカデミー賞主演男優賞にノミネート、ヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞とブロックバスター系とインディペンデント系双方の作品で活躍する名優ウィレム・デフォーです。 本作は第72回カンヌ国際映画祭の監督週間で初上映され国際映画批評家連盟賞の独立選出部門を受賞し、映画評論家たちに高く評価されています。. ウィッチ【Blu-ray】 - アニヤ・テイラー=ジョイ - ロバート・エガース - DVDの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 圧倒的大傑作。森への潜在的な恐怖を映像化した傑作『ウィッチ』に続くロバート・エガースの長編二作目であり、カンヌ国際映画祭監督週間でのワールドプレミアでは"カンヌ映画祭で一番良かった"という声すら届くほどだったのに、サイレント時代を模した画面サイズでの上映に対応できる.

? 彼女たちの行先が重なって見えました。 アニヤ・テイラー=ジョイがどことなく宮﨑あおいと見た目のイメージがかぶるのと、彼女たちが演じる少女が醸し出す寄る辺なさ、人を破壊させてしまうものを持っているところなども共通項のように思えます。 『害虫』の少女も、時代が時代なら「魔女」と呼ばれていたかもしれません。 さて、ロバート・エガース監督の次回作は、ホラー映画の名作『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)のリメイクとのこと。 エドガー・アラン・ポーやアーサー・マッケンなどのクラシック怪奇小説、ヴィンセント・プライス、ピーター・カッシングといったクラシックホラー映画のスターを好む、エガース監督にピッタリの題材です。 アニヤ・テイラー=ジョイと供に、今後の活躍が楽しみです. 【公開】 年(アメリカ) 【原題】 『The Witch』 【監督】 ロバート・エガース 【キャスト】 アニヤ・テイラー=ジョイ、ラルフ・アイネソン、ケイト・ディッキー、ハーベイ・スクリムショウ、エリー・グレインジャー、ルーカス・ドーソン 【作品概要】 1630年、ニューイングランド。教会と衝突し、入植地を追放された一家に次々と不幸が訪れる。家族が魔女なのか!? 疑心暗鬼にとらわれ、崩壊する一家を描き、第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたホラー作品。. 「ウィッチ」で才能を全世界に轟かせたロバート・エガース監督が、「TENET テネット」などのロバート・パティンソン、「永遠の門 ゴッホの見た未来」などのウィレム・デフォーを迎え描くホラー。灯台守をすることとなった二人の男たちが、疑念や不信感、孤独に蝕まれていく様を描きます.